住宅で治療できる
医療福祉の活用法

ピックアップ

様々な種類

在宅医療に関係しているサービスはたくさんあります。そのサービスは専門的な治療やサポート系のサービスもあるため、自分に適しているサービスを利用した方がいいでしょう。

詳しく読む

費用について

在宅医療を利用する時は、お金が掛かります。病院に通う代わり自宅に来てもらっている形になるため、基本的には病院を活用している形に違いはありません。また、病院を活用していることと同じであるため保険を利用することができます。

詳しく読む

申し込みの流れ

在宅医療を利用する時は、在宅医療を行なうことができる病院に連絡する必要があります。連絡を行ない活用したい理由を伝えることで、医師からの許可をもらうことで利用することができます。

詳しく読む

自宅で行なう療養

健康を維持

在宅医療は病院に通うことが困難な患者が利用することが多い医療です。
自宅にいるだけで、病院で受けるような検査を受けることができるサービスであり、この在宅医療を活用することで身体を自由に動かすことがでない人でも専門の治療を受けることができます。
そのため、大勢の人が利用している医療方法でもあります。
在宅医療で受けることができるサービスは、基本的に健康状態を維持するための治療です。
そのため、病気を治すための治療ではなく、病気にならないための治療になります。
定期的な血液検査を行なうところもあり、その結果で在宅医療を続けることができるか調べます。
もし、悪化している場合は設備が充実している病院での療養に変わることもあります。
そうならないためにも、在宅医療で訪れた医師の診断をきちんと守ることが大事になります。

行なうこと

在宅医療を受けることで実施されているサービスが点滴注射、麻酔、簡易的な治療になります。
点滴注射を受けることができるため、病気できちんと食事をとることができない人でも栄養摂取をすることができます。
健康な身体を維持するためにも栄養バランスは重要なことであり、自己でバランスを整えることが困難な人にとって点滴で摂取することは必要なことになります。
点滴で栄養を整えることで体調を回復することができます。
また、麻酔を利用することもできるため身体の痛みが激しくて私生活に支障がでている人でも、痛みを緩和して私生活に負担を掛けないようにすることも可能です。
簡易的な治療とは診察を行なうことです。ケガをしてしまった箇所に薬を塗って治療を行なうことなどをします。
設備が十分に揃っていない在宅医療になるため、簡易的な治療だけを行なうことができます。
そのため、軽いケガや症状になると自宅で対処することも可能になります。
このように、自宅にいるだけでも様々な治療を受けることができるため、病院に出向くことができないからといって諦めるのではなく、在宅医療のサービスを利用した方がいいでしょう。

コンテンツ

気持ちが大事

自宅で療養することができる点が在宅医療を活用するメリットです。住み慣れた自宅で療養するため、リラックスした気持ちで病気と戦うことができます。病院では得ることができないメリットが在宅医療にはあります。

詳しく読む

活用する人

在宅医療を活用している人は老人が多いです。病院に入院するよりも家族と一緒にいる時間を長くするために利用するケースがあります。老人以外も利用することができるため、その利用者について紹介します。

詳しく読む