療術と整体の世界

気持ちが大事

最も得るメリット

在宅医療を利用することで最も得ることができるメリットが落ち着く空間です。
自分の住まいで療養生活を行なうため、リラックス状態を保つことができます。
病院になると周りにいる人は他人になるため、落ち着かないという人はたくさんいます。
また、寝ているベッドも自分の身体に合わずストレスを感じてしまう人もいます。
ストレスを溜めることで精神的に負担が掛かり、療養に集中することができない可能性もあります。
そのため、ストレスを溜めることない自宅医療は、体調を良くするためにも適した方法と言えます。

親しい人といる

在宅医療を活用することで、24時間家族の側にいることができます。
自分の自宅で行なう在宅医療になるため、家族と私生活を行なうことができるメリットがあります。
病院では決められた時間内だけ、家族と一緒にいることができます。ですが、面会時間が終わると帰らないと行けなくなります。
家族と離れることで寂しい気持ちになる人は母、父、祖母、祖父、子関係なく思ってしまいます。
そのような悲しい気持ちを感じることなく、療養に専念することができるサービスが在宅医療になるのです。
親しい家族と面会時間を気にすることなく、過ごすことができます。
そのため、年配の人が最後を住み慣れた自宅で生活をしたいと願って活用することが多いです。
上記のことから、家族と一緒にいることを叶えることができるサービスが在宅医療と言えます。
また、在宅医療を利用することができる人は健康状態が安定している人であることが多いため、自宅で療養生活を行なっても病気が悪化する可能性は低いです。